二次創作短歌

文学フリマ 5月7日(月・祝)に参加します!   NEW


Share Button

BL短歌合同誌実行委員会でスペース取っています

5月7日(祝・月)の文学フリマ東京に参加します。一般来場は自由です。入場料も無料!
BL短歌合同誌実行委員会も参加しますので是非お立ち寄りください。
今回はBL俳句誌・庫内灯と合同スペースとなります。

G-24 BL短歌合同誌実行委員会
★□『二次創作短歌非公式ガイドブック』(新刊)
★□平田有責任編集『YAMINABE Vol.1』
★□穂崎円『fragments』
◉穂崎円寄稿
★『アニポエvol.5「スポーツアニメ特集」』(無料配布)

文学フリマとは?
「文学フリマ」とは文学作品の展示即売会です。
評論家・まんが原作者として知られる大塚英志さんが『群像』誌2002年6月号(講談社)掲載のエッセイ「不良債権としての『文学』」で行った呼びかけを発端として生まれたイベントです。
既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となることができるイベントとして構想されました。(文学フリマホームページより

二次創作短詩ポスカラリーを開催します

5月7日(祝・月)の文学フリマ東京で二次創作短詩ポスカラリーを開催します。
5月7日の東京文学フリマで二次創作短歌非公式ガイドブックの頒布に伴い、二次創作短詩ポストカードラリーを実施します。
ただし、ポストカードに原作ジャンルは書かれていません。
原作ジャンルを推理しながら読むもよし、すべて一次創作として読んでもよし。全部自分の好きなジャンルの二次創作ということにして読んでもよし。
あなただけの二次創作短詩集を作ってみてください。
詳細はこちら